病院見学・資料請求・お問い合わせ

後期研修プログラム紹介

5つの基本原則に基づいた医療を提供し、病棟・一般外来・救急外来・在宅医療をバランスよく実践し、いずれの医療現場においても「家庭医」として医療の総合性追求のリーダーシップをとることができる医師を養成することを目標とする。

  • 1

    Coordination of care

    医療へのアクセスが物理的にも、心理・社会的にも良好である

  • 2

    Continuity of care

    問題の経過中だけではなく病気の前後や健康時にもかかわる

  • 3

    Comprehensive care

    生物・心理・社会的にどのような問題にも対応する

  • 4

    Coordination of care

    チームでケアを有機的に進める

  • 5

    Contextual care

    患者の背景を追求し、地域・家族を含め全人的に理解する

1.家庭医としての核となる臨床能力

1)患者中心の医療(Patient-centered medicine)を行う
2)良好な医師−患者関係を築く
3)全人的医療を行う
4)コミュニケーション技能・医療面接技能
5)カウンセリング技能
6)患者中心の患者教育法(個人・集団を対象とした)
7)医療倫理学を応用して倫理問題に対処する

2.個人の医療・ケア(individual care)

1)医療効率の良いclinical reasoning(臨床的推論)
2)evidence-based medicine(EBM)を実践に活かす
3)narrative-based medicine(NBM)の実践
4)common problemsへの対応
5)somatization(身体化)への対応
6)老人患者のケア
7)緩和医療
8)予防医学
①予防接種
②健康診断(学校健診・乳幼児健診・成人病健診)
③禁煙カウンセリング・断酒カウンセリング
④健康増進・慢患管理

4.地域立脚型のケア(community-based care)

1)地域包括医療
①在宅医療老人の包括的アセスメント介護保険法の活用在宅
  ホスピス(緩和医療)
②地域資源の活用
③チーム医療
2)校医、産業医としての活動

5.診療所運営・管理

1)副所長として診療所の運営・管理に関わる
2)共同組織(患者組織)との活動にも参加する

6.研究活動

研修期間中に地域診断等のリサーチ活動を実践する

7. 専門医

研修終了後に総合診療専門医もしくはプライマリ・ケア学会認定家庭医療専門医の取得をめざす

初期研修終了後3年間とする

PICK UP

Copyright(c)2018 ふさのくに家庭医療センター All right reserved.