千葉健生病院 クリスマス会で、高校生ボランティアが大活躍!

高校生・受験生 千葉健生病院 奨学金

千葉健生病院 クリスマス会で、高校生ボランティアが大活躍!

高校生との交流に、うれし涙の患者さんも。千葉健生病院クリスマス会。

千葉健生病院 クリスマス会

12名の高校生・学生ボランティアが入院患者さんと交流しました。

 

毎年恒例のクリスマス会、医師や看護師を目指す高校生や、ボランティアに興味のある高校生など12名がお手伝いしてくれました。

高校生との交流に、うれし涙の患者さんも。千葉健生病院クリスマス会。

デイルームは、患者さんとボランティア学生であふれました。

まずは、健康友の会のボランティアさんのフラダンス

そして、オペラ歌手の方に素晴らしい声を披露していただきました。「諸人こぞりて」や「荒城の月」、最後は患者さんと一緒に手を動かしながらの「むすんでひらいて」

 会場の患者さんも、皆さん楽しそうに聞き入っていました。

そして、職員有志による「きよしこの夜」。学生ボランティアもハンドベルの後ろで、合唱しました。

クリスマス会の後は、病室やデイルームで手作りのクリスマスカードを手渡しします。

中には、高校生との交流とカードのプレゼントに、涙を流して喜んでくれた患者さんも

参加した高校生からは

「本当に喜んでもらえて良かった」「勉強がんばってなど、私が励まされました」「コミュニケーションを取るのが大変だったが、カードを渡してお話しできたことに感動した」

「職員の方が名前をみんな覚えていて、親身さが伝わって良かった」

 

ボランティアに参加されたみなさんは、慣れない会話に大変だったかも知れませんが、とても生き生きとお話してくれて、ありがとうございました!

患者さんもボランティアも一緒に楽しい時間を共有できた、すばらしいクリスマス会だったと思います。

 

ブログ一覧へ戻る