医学生ブログBlog

重要なお知らせ 船橋二和病院 千葉健生病院 高校生・受験生

千葉民医連「夏休みオンライン医師体験」開催中です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだお申込み受付しています!

千葉民医連の医師体験では、千葉民医連の医療の実際や研修医の1日がわかる動画視聴、医師との懇談が可能です。「質問をし忘れてしまった」「時間がなくて質問できなかった」場合でも、感想文にその旨をお伝えいただければ、後日質問に対しての医師からの回答を個別にお返ししています。

今回は6月15日千葉県民の日医師体験後に寄せられた質問の回答を一部掲載いたします。

Q. 医師になる前後で感じた医師のイメージギャップはありますか?

戸村医師: 想像以上に一人の患者さんが抱えている問題が多くて驚きました。治療のイメージは一人の患者さんに一つの病気でしたが、実際は複数の病気を抱えていることがほとんどでした。加えて家族がいない、お金がない、帰る家がないなど病気以外の問題を抱えている患者さんもいます。病気を治すだけが医療ではなく、退院後の生活も考えながら多職種で連携する必要があることには働いてから気づかされました。

Q. チーム医療で医師とはどんな存在ですか?

戸村医師:チーム医療では医師はリーダー的存在と聞かれることが多いと思いますが、私はいちメンバーに過ぎないと思います。医療は医師だけでなく看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、メディカルソーシャルワーカーと多職種によって成り立っています。職種によって患者さんをみる視点は異なり、それぞれが患者さんのことを考えて医療を行っています。医師はチームのいちメンバーにすぎず、他のスタッフとも対等な立場で意見交換をすることが必要かなと思います。ただ最終的な治療方針を決めるのは医師なので(もちろん患者さんの意見を尊重したうえで)、そのときの最善を選択する必要があり、責任は一番あります。

夏休みオンライン医師体験日程(随時更新)

ただいま夏の医師体験お申込み受け付け中です。※オンラインでの開催です

初めて参加する方、リピーターの方、将来へのモチベーションを高めたい方、将来の進路に迷っている方などなど、どなたでも参加OKです!お

お申込みはこちらより

 

なお、お申込みの際はご希望の日程が医師体験の実施される日程かどうかを確認したうえでお申込みください。

皆さんのご参加お待ちしております(*^^*)

夏休みオンライン医師体験日程(随時更新)

ブログ一覧へ戻る