医学生ブログBlog

船橋二和病院 初期研修

本日の初期研修医「いよいよ病棟配属、導入期内科研修スタート」の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ本格的に病棟デビュー

約1ヶ月間のプライマリケア講義や手技、実技研修を終えて、ゴールデンウイーク明けから、初期研修1年目の5名が導入期の内科研修をスタートし、病棟デビューを果たしました。

いよいよ本格的に病棟デビュー

病棟の朝礼では、まだまだ緊張の面持ちですが
「一刻も早く病棟での医師業務に慣れて、一生懸命がんばりたいと思います。」

「不慣れで、いろいろ聞いてしまったり色々ご迷惑をかけることもあると思いますが、精一杯努力しますので、よろしくお願いします。」との挨拶です。

さっそく医局では、前日の患者さんの確認や、カルテ入力の説明などを指導医から教えてもらいながら、朝の打ち合わせを行っていました。

指導医や上級医と一緒に患者さんの診断や治療方針を決める事はもう少し先になると思いますが、今後もカンファレンスなど、初期研修医の様子をお伝えしていきたいと思います。

併せて、研修関連のお知らせです。

この度、千葉民医連 船橋二和病院では、2019年2月に「NPO法人卒後臨床研修評価機構」による臨床研修評価を受審し、2019年3月1日付けで4年間の認定(更新)を受けました。

ブログ一覧へ戻る