実習生の声voice

NEW

研修医1年目から自分で考えて判断する力を養う研修プログラム

東海大学5年 Tさん

総合診療や、在宅医療についての実習を希望された学生さん

救急外来などの急性期医療から在宅まで、幅広いスケジュールとなりました。
研修医を中心に、実際の働き方や、研修医の救急外来症例のカンファレンスも見てもらいました!
東海大学5年 Tさん

実習内容

<研修医と救急外来・地域包括病棟に同行>
研修医1年目から自分で考えて判断する力を養う研修プログラムになっていると感じました。地域包括ケア病棟では他職種合同のカンファレンスで、患者さんの退院後の生活について様々な視点で議論し、方向性を見いだしている様子を伺う事ができました。

<往診に同行>
実際に患者さんの生活環境を垣間見て、ご家族からお話を聴くことで何に困っているのか、不安なのかなどを医師や看護師と一緒に問題解決を探る過程をみることができました。また、地域での医師の在り方や患者さん本人やご家族との関わり方を学びました。