医学生ブログBlog

船橋二和病院 初期研修 医学生 小林先生

マッチング試験・初期研修を視野に、病院実習 前編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学部5年生・6年生の病院見学を再開しました

船橋二和病院では、医学部5・6年生の病院見学・実習を再開しています。早速、北海道大学医学部6年生より申し込みがあり、5月末に実習を行いました。

マッチング試験と初期研修を視野に入れて、実際の研修の様子や指導医との関係性、医局の雰囲気などを知りたい」と申し込みがありました。

当日は、内科導入期研修を行っている1年目初期研修医に帯同し、カンファレンス・病棟回診。午後は2年目研修医と一緒に救急外来・小児科研修の見学です。

二和病院では、初期研修医・指導医・中間指導医がそろってチーム毎に打合せをおこなっています。実習生には、回診前のミーティングから参加してもらいました。

一緒に回診を回る1年目の研修医から、細かい病棟の説明、一週間の業務、受け持ち患者さんの情報など、更にレクチャーをしてもらいます。医学生からは「とても丁寧に病棟のことや、患者さんのことを説明してくれました」との感想がありました。

医局でのレクチャー中に、1年目研修医全員揃ったので、医学生さんと一緒に、記念に1枚。病院実習は和やかな雰囲気の中スタートしました。

実際に病棟に上がり、HCUの患者さんから回診スタート。看護師からの報告を受け、指導医から研修医に病状、治療方針など詳細な説明が行われます。

その後は勤務室に移動、1年目研修医の担当患者についてカンファレンスを行いました。初期研修医から病状説明や治療方針の提案を基に、看護師からの情報共有を経て指導医より研修医にむけて丁寧なアドバイスを受けています。

 一人ひとりの患者さんに対し、疾患鑑別や治療方針のアドバイス、ACP(アドバンスドケアプランニング)の考え方など、カンファレンスは丁寧に長時間に及びました。

病棟回診、研修指導を見学した実習生からは「指導医から患者の様々な状況をふまえて考えていくことが大事との発言に感動。検査や治療方針を色々な先生方が相談しながら決めていくことに安心しました」との感想です。

急性期一般病棟での回診の様子です。研修医の受け持ち患者さん一人ひとりに病室を回り声掛けしています。各患者さんについて、医学生に対しても指導医から丁寧に説明が行われました。

後編に続きます!

実習生の声一覧へ戻る