「大学の授業も進んだので、診療におけるコミュニケーションスキルや、研修医の働き方を知りたい。」国立大学医学部4年

NEW

「大学の授業も進んだので、診療におけるコミュニケーションスキルや、研修医の働き方を知りたい。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内科・小児科をローテション中の研修医に帯同

国立大学医学部4年生

「大学の授業も進んだので、診療におけるコミュニケーションスキルや、研修医の働き方を知りたい。」との希望です。

内科・小児科をローテション中の研修医に帯同

午前中は、指導医、上級医との打ち合わせからスタートし、内科研修を行っている1年目研修医について病棟業務を体験。また、他の研修医からも受け持ち患者さんの状態や研修の実際について、懇談を行いました。また、ペースメーカーの埋め込み手術も見学しました。

実習生の声

 研修医の先生が担当している患者さんを実際にベッドサイドでお話させてもらい、判断の難しそうな患者さんもいて、1年目研修でも、この様な患者さんを担当させられるのだと「身の引き締まる思いがしました。」

 内科研修でも、皮膚科や整形外科的な疾病を合併している患者さんも担当していて、幅広い患者さんを入院から退院まで担当する事で、総合的な力が身に付くのだと感じました。

実習生の声

千葉民医連 船橋二和病院では1年生~6年生まで、日祝日と年末年始を除き、いつでも病院見学・実習が可能です。
また、病院での急性期治療だけでは無く、外来・予防・リハ・往診・在宅・診療所など、幅広いフィールドで見学できます。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから!

実習生の声一覧へ戻る