ブログblog

医学生 船橋二和病院 初期研修

本日の研修医 「地域を知ろう!高齢者訪問」の巻

地域訪問に初期研修医2名が参加

 船橋二和病院と健康友の会では、毎年80歳以上の会員さんと地域の気になるお宅をピックアップして、お宅を訪問しお身体の具合や日常生活やくらしの困りごとなどを、お聞きしています。

 

 職員も全ての職種が参加し、それぞれの専門性を生かした取り組になっていて、初期研修医にとっても地域での患者さんを知る貴重な機会ととして研修に位置づけています。

 

以前、参加を予定していた日は残念ながら雪のため中止。改めて、初期研修医2名が「地域の高齢者訪問にリベンジしました。

地域訪問に初期研修医2名が参加

戸村先生は、地元の庄司さん(友の会役員さん)と二和地域を訪問。

 

「お元気な方も多く、安心しました。」
「かかりつけの方も多く、『主治医の◯◯先生はとても良い先生ですよ』など病院に対する感謝の声を何度も聞くことができ、自分のことの様に嬉しくなりました。」と話してくれました。

佐久間先生は、地元の秋葉さんと咲が丘地域を訪問。二人合わせて15名ほどのお宅を訪問し、

「一緒に訪問した役員さんは地域のスペシャリストで、会員さんやご近所さんのことは何でも知っていました。」

「診察中には聞けないような話を地域の方や患者さんの生活の場で聞くことができて、とても良い経験になりました。」

との感想が。

 

地域訪問では、「一人くらしで話し相手が欲しい」「家事が出来なくて困っている。」などの相談や
実際に、介護保険の申請・各種制度利用のための確定申告・医療機関の受診など、専門職につながったケースも散見されます。

「患者さんの生活や困難さまで知ることできる。」と研修医からも好評です。

ブログ一覧へ戻る