本日の研修医「プライマリケア講義スタート」の巻

医学生 船橋二和病院 初期研修 後期研修

本日の研修医「プライマリケア講義スタート」の巻

本日の研修医「プライマリケア講義スタート」の巻

連日お知らせしている、初期研修医1年目医師の様子。全国でのオリエンテーションも終了し、プライマリケア講義がスタートしました。
病棟配属に向けて、それぞれの科の医療内容や基礎的な知識を各科の指導医から講義を受けます。

この日は、1日を使ってBLS講習が行われていました。

本日の研修医「プライマリケア講義スタート」の巻

和気あいあいとした雰囲気でしたが、実技は全員真剣そのものです。

夕方は、「救急カンファレンス」にも初参加。毎週月曜に研修医・青年医師・指導医などが集まって、実際の救急外来の症例から問診・身体診察・検査・鑑別・治療法などを検討、注意点などを共有します。

数日前から40重度の発熱があり、来院された高齢男性。意識障害、結膜黄染、心窩部~右季肋部に圧痛がありました。既往症に慢性腎臓病。

症状や身体所見などから、胆道感染や膵炎などを疑う研修医。CTの結果は総胆管結石による胆管拡張。ショック症状も見られたため、緊急ERCP目的で転院となりました。

1年目の初期研修医から「腎機能への影響を考えて造影では無く、単純CTで検査したのですか?」との質問があり、消化器内科医から「造影剤腎症のリスクと胆石症治療」につてミニレクチャーの時間になりました。

4月は、プライマリケア講義や地域(友の会)講義などが続きますが、病棟デビューに向けて頑張ってください!

ブログ一覧へ戻る