医学生ブログBlog

船橋二和病院 千葉健生病院 初期研修 後期研修

本日の研修医「専攻医が新たに専門研修をスタート」の巻

本日の研修医「専攻医が新たに専門研修をスタート」の巻

4月は、初期研修のスタートとともに、専門医研修スタート時期でもあります。

 

まずは4年間の後期研修を終え、千葉民医連に戻ってきた平野先生の報告。初期研修終了後に、船橋二和病院と城南病院で一般内科研修を1年。その後3年間は外部の病院で消化器内科の後期研修を行い。3年ぶりに千葉民医連に戻ってきてくれました。

本日の研修医「専攻医が新たに専門研修をスタート」の巻

それぞれの病院での後期研修の様子を振り返るとともに、

今後、船橋二和病院で「消化器内科の新たな検査導入」「後輩の育成や学習会の開催」「緩和ケア」「救急医療」に取り組んでいきたいと、心強い抱負の言葉が。

続いて、千葉大のリハビリテーション科プログラムの連携施設として、船橋二和病院で専門研修を開始する佐久間先生。

 指導医の関口先生からは、「市中病院の回復期リハだからこそ経験出来る症例も多い」「リハ病棟に閉じこもるのではなく、一般病棟の患者さんにも積極的にかかわれるリハ医になってほしい」とメッセージがありました。

佐久間先生は、緊張した面持ちでしたが「初期研修と専門研修では求められることも違い、勉強することもさらに多いけれど、他職種とも連携して頑張りたい」との発言が。

 

平野先生、佐久間先生これからもよろしくお願いします!

 

ブログ一覧へ戻る