医学生ブログBlog

千葉健生病院 初期研修 医学生

初期研修医による「心に残った患者さん報告会」を千葉健生病院で開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者さんと向き合って「先生といると心が安らぐ」

初期研修医2年目の石澤医師による「心に残った患者さん報告会」が千葉健生病院で行われました。

 

今回石澤医師が紹介した患者さんは60代男性のAさんでした。Aさんは近隣の病院へ右肩の痛みで救急搬送されましたががんと分かり、その後千葉健生病院へ転院となり石澤医師が担当医となりました。

 

右肩が痛いと思っていたところにがんという大きな病気が判明し、Aさん自身も混乱し病気の受容が出来ていないご様子だったそうです。

 

Aさんはリハビリテーションを希望されていたものの、病状から難しいと分かり『リハビリできないのなら眺めのいい病室で最期を迎えたい』との希望が話されました。

 

希望に合う病院を検討し紹介状を作成、転院手続きを開始しましたが病状が悪化。食欲低下や意識状態の悪化があり、腰痛・呼吸困難も強くなっていきました。そうした中で「先生といると心が安らぐから、しばらくいてくれないかな」と話され、Aさんの趣味である株式や温泉などいろいろなお話をされたそうです。

 

病状が悪化し酸素濃度も下がってきていた28病日の日、来院されたご家族に思い出の動画をAさんの耳元で再生していただいたり、Aさんが好きだというコーヒー店のコーヒーを病室で挽いてもらい香りだけでも味わっていただきました。その時一瞬だけ患者さんの心拍数が持ち直したように感じたと石澤医師は話しました。その後、Aさんはご家族に見守られながら亡くなられました。

 

石澤医師は報告の中で、具合が悪くなっていき治ることが絶望的なAさんへどのように声をかければよいのか悩んだことや、どのようにすればがん性疼痛に苦しむAさんの苦痛を軽減できるか常に思い悩んでいたと話していました。

患者さんと向き合って「先生といると心が安らぐ」

多職種・指導医からの言葉も

関わった多職種からの発言もあり、看護師長からは「Aさんは『ベッドが合わない』と交換の希望が多かったり大変なところもあったけれど、もうちょっと何かしてあげられたんじゃないかなと思う。最期をご家族に看取ってもらえたのはよかった」との言葉がありました。

また、栄養士からは「最初は食事がおいしいと言ってくれていたが、病状の影響もあり段々『おいしくない』になってしまった。どのような対応が出来るかもう少し医師にも相談してよかったかなと思う」との発言がありました。

指導医の山井医師からは「Aさんは当院へ来てから2か月足らずで亡くなられ、短期間で劇的な経過を辿った。これでは患者さんも受容できるわけがないなと自分でも思った。その中で石澤先生はAさんと一定の信頼を築いていたのだと思うし、ケアが難しい患者さんであり石澤先生がストレスに感じていることも分かったが、亡くなるまで頑張ってくれた」との言葉がありました。

 

Aさんは自分の死を受容せず、むしろ諦めずに生活していたと石澤医師は語りました。その中で「必ずしもすべての人にとって受容が最適なゴールなのではなく、その人なりの人生の終わり方があるのではないか、人それぞれでいいのではないかと考えが変わった」とまとめていました。

 

石澤医師が、悩みながらもAさんに関わり続けて信頼関係を築いていったことが伝わる報告会でした。

多職種・指導医からの言葉も

ブログ一覧へ戻る