医学生ブログBlog

船橋二和病院 初期研修 医学生 田口先生

初期研修医インタビュー「指導医の先生にも、相談しやすいです。」(1年目研修医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

科を隔てなく患者さんを診ている医師を目指して

船橋二和病院で研修中の研修医に聞きました。

今回は、田口 優医師(秋田大卒 2019年度入職 初期研修医)後編です。

科を隔てなく患者さんを診ている医師を目指して

救急外来や当直帯での対応に不安があります。

救急外来の当直については、副当直という立場で充分に経験を積むことができます。1年目6月頃から、最初は見学から始まり、徐々に診察や検査オーダーを行い、最終的にはファーストタッチからある程度のところまでは任せてもらえる様になります。副当直では、指導医や上級医と一緒に診察を行う段階から、隣の診察室に控えてもらいアドバイスを受けられる状況、院内に待機していて患者さんを帰宅や入院させる際にはチェックをしてもらう段階、といったように研修医の進捗に併せてじょじょにステップアップしていきます。その後も、病棟を担当する上級医師や産婦人科の当直医師、小児科の院内待機の医師など、助けやアドバイスがもらえる状況は続きます。

 特徴は軽症から重症まで、小児から高齢者まで様々な症例が経験できることです。

救急外来や当直帯での対応に不安があります。

上級医や指導医には質問しやすいですか?

在籍しているのは先生は優しい先生が多く、とても相談しやすい環境だと思います。船橋二和病院は総合医局なので(医局が一つしかないので)相談したい専門の先生を見かけたらその場でコンサルトをお願いできる状況です。例えば内科の研修時は皮膚科の先生に質問することも多いのですが、医局でお見かけした際にその場で質問できるようなイメージです。

上級医や指導医には質問しやすいですか?

看護師さんやコメディカルの方との関係は良好ですか?

職種間の垣根がとても低いので相談しやすいと思います。看護師さんとはカンファレンス以外でも日々の打ち合わせなど、色々と意見交換しています。リハビリスタッフなど多職種のスタッフからにも患者さんの情報を伝えてもらうことも多く、治療方針などに生かす事ができます。

看護師さんやコメディカルの方との関係は良好ですか?

お休みはとれていますか?

船橋二和病院は、主治医制をとっていないため、お休みは比較的取りやすいと思います。日曜や祝日はもちろんですが土曜日などのお休みも月2回は最低でも取れていますね。

医学生へのメッセージをお願いします

見学だけで、研修先を決めるのは難しいと思いますが、一つは年齢の近い先輩研修医に話を聞いて雰囲気や自分のペースにあっているか確認することが良いと思います。学生のうちは、楽しむことは楽しんで、勉強するときは勉強してとメリハリをつけることが大事だと思います。ぜひ、船橋二和病院にもお気軽においで下さい! 

医学生へのメッセージをお願いします

「先輩医師メッセージ」はこちらです。

ブログ一覧へ戻る