医学生ブログBlog

船橋二和病院 初期研修 医学生

総合診療、総合内科分野の病院見学・実習①(医学生向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市中病院での総合診療医の役割や仕事を知りたい!

船橋二和病院では、総合診療医や総合内科医を将来的に検討している医学生向けの病院見学・実習を準備して皆さんをお待ちしています。

当院は、地域の二次救急指定医療機関として急性期医療を担うとともに、「地域包括ケア病棟」「回復期リハビリテーション病棟」「療養病棟」などを有し、回復期・慢性期の医療にも対応しています。
 また、病気にならないための保健予防分野から、在宅・介護まで内科を中心に総合的な力量を付けたいとお考えの医学生に様々なフィールドを準備しております。

市中病院での総合診療医の役割や仕事を知りたい!

病院実習では、急性期の問診・身体診察・鑑別などの実技から、退院支援やカンファレンスなどの多職種連携、在宅での患者さんの生活への理解など市中病院の総合診療医の役割を幅広く体験する事が出来ると好評です。

 

今回は、一週間単位の総合診療実習の様子を少しご紹介します。

①     主治医体験
 一週間などの長期にわたる実習では、一人の患者さんを受け持ち指導医のレクチャーや指導の下、問診や身体診察、実際の検査結果や画像検査の結果などから鑑別診断を詰め今後の治療方針について検討します。
 また医師や多職種が記載したカルテを確認し、「主訴」「現病歴」「当薬歴」「入院時の身体所見」「鑑別診断」「退院に向けての見通し」などレポートを作成し、指導医のフィードバックを受けながら実際にカンファレンスに参加するなど、総合的な視点を身に付けることを目標とします。

症例も、循環器疾患・呼吸器疾患などなど多岐に及びます。

 

次回以降 カンファレンスや多職種体験の様子も紹介します!乞うご期待

ブログ一覧へ戻る