外科病棟・手術見学「患者さんは個別差が大きく、患者さんのバックグラウンドまでの考慮が必要」と感じた国立大学医学部新1年

NEW

外科病棟・手術見学「患者さんは個別差が大きく、患者さんのバックグラウンドまでの考慮が必要」と感じた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入学前医療現場体験 病院見学・実習

高校生時代に、医療講演会や医師体験・模擬面接試験に参加してくれた高校3年生。

国立大学医学部進学が決まり。船橋二和病院での病院見学に参加してくれました!

 

体験内容やスケジュールが準備されている「高校生一日医師体験」とは違い、医学部進学が決まった後の病院実習・見学は、高校生の希望を聞いてオーダーメイドで、スケジュールを組める事が特徴です。

入学前医療現場体験 病院見学・実習

「医師体験に参加した時に、初期研修医の先生とスタッフとのコミュニケーションが良くとれていたところ、また往診体験の際に患者さんの家に訪問した時の、患者さんとの距離が近い感じが良かったと、今度は医学生として船橋二和病院を訪れてくれました。

実習生の声

入院患者さんにも認知症など個別差があり、患者さんのバックグラウンドまで考慮しないと、コミュニケーションや必要な情報が得られないことを実感しました。手術見学は、術野が見えやすかったことと、事前にイラストで術式などを説明していただいていたので、自分なりに考えて見学ができました。解剖実習などにも興味がわいてきました。

千葉民医連 船橋二和病院では1年生~6年生まで、日祝日と年末年始を除き、いつでも病院見学・実習が可能です。
また、病院での急性期治療だけでは無く、外来・予防・リハ・往診・在宅・診療所など、幅広いフィールドで見学できます。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから!

実習生の声一覧へ戻る