ブログblog

医学生 高校生・受験生 船橋二和病院

入学前医療現場体験と合格を祝う会

入学前に医療現場を体験してみませんか?

千葉民医連では、医学部進学予定の高校生・受験生を対象として

4月からの医学生生活に向けて、モチベーションをさらに持ってもらおうと

入学前の医療現場体験を行っています。

入学前に医療現場を体験してみませんか?

この日は、医学部に合格した学生さんが医療現場を体験。
この春に看護学校に進学する高校生と一緒に「合格を祝う会」にも参加しました。

まずは、小児科の大前医師と小児科病棟を体験しました。

研修医や看護師さんとも一緒に、入院患者さんの状況の共有や、朝の打ち合わせに参加しました。
医師以外の色々な職種の職員に意見を聞きながら、治療方針などを決めていく様子にびっくりしたようでした。

障害児リハビリテーションの診察前に患者さんの状況説明やリハの内容について、後期研修医からのレクチャーです。

検査室では、顕微鏡で白血球を見たり、病理解剖された臓器を触ったり。
「将来はぜひ病理医に」と病理医の役割についても説明を受けました。

放射線科でのCTや胃造影検査の体験をしました。
胃造影検査では、患者さんの気持ちになって実際に検査台に乗りグルグルと
(もちろん実際に放射線照射はしていません)

その後は、当日参加した看護学部合格の高校生との「合格を祝う会」や「先輩医学生との懇談」など盛りだくさんの1日でした。

参加された学生さんからは

「身内に医療関係者がいないため初めて見る事ばかりでした、実際の臓器に触れてみたこと、
病棟での打ち合わせに参加できたことなど、医療機関のイメージができた」との感想です。


現場体験、まだまだ募集中です。
また、体験内容についても希望にお応えします!
お問い合わせはこちらから!

ブログ一覧へ戻る