医学生ブログBlog

研修 船橋二和病院 初期研修 奨学金

本日の研修医「青空健康チェックで健康相談」地域デビューの巻

青空健康チェックで、初期研修医が地域を実感。

船橋二和病医と二和健康友の会では、毎月どこかで「青空健康チェック」を行っています。
友の会役員の中の「保健委員さん」を中心に、職員も参加して、体力チェック・柔軟性・敏捷性などのテストや健康相談を行います。
「世界保健デー」の時期には、各地域で一斉に「健康チェック」を行い。初期研修医も参加し、各地域でデビューをはたしています。

青空健康チェックで、初期研修医が地域を実感。

この日は、津田沼・高根木戸・鎌ヶ谷など、3箇所で150名以上の方が、健康相談を受けました。
中でも毎年恒例の津田沼駅デッキ。今回も2時間で70名の方が、「青空健康チェック」。

千葉民医連では、共同組織・友の会活動の理解を深めることと、地域の方の健康についての不安を知る事を目標に、初期研修医は必ず「青空健康チェック」に参加します。

初期研修医は、血圧測定を担当します。健康相談や病気の話になることも多いので、横にはベテラン看護師や保健師がついて安心のフォロー体制。なかなか即答できない相談も多く、受診や介護保険申請をお勧めしたり、経済的に困難なケースは医療相談員につなげることも少なくありません。

「昼間は仕事でなかなか病院に行けなくて…市販薬を飲んでたんだけど効き目がなくて止めてしまいました。何か良いお薬はないですか?」「健康なんだけど、緑内障だけが気になってね…」いつの間にか、健康相談には長い列が出来ていました。

相談後には、「今日ここを通りがかって、相談して良かったです!」と嬉しい言葉もいただきました。初期研修医からは、「地域の人と色々話せて良かった」「勉強になりました!」と感想がありました。

病院とはまた違った雰囲気の医療相談。参加した方の安心した表情を見て、これからも地域を大事にする病院でありたいな、と思いました。

ブログ一覧へ戻る