医学生ブログBlog

船橋二和病院 千葉健生病院 初期研修 医学生

本日の初期研修医 他病院の同期と久しぶりの再会。チーム医療やSDH(Social Determinants of Health)の視点から研修を振り返る の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東の民医連で初期研修をスタートした研修医が交流。チーム医療について考えました

民医連では、東京・神奈川・千葉・茨城・栃木の病院など医療・介護・福祉施設の集まりを「関東地協」と呼び、研修や学術面なども含め連携して医療活動を行っています。初期研修医も研修開始直後から、一緒にオリエンテーション等を行います。

 初期研修開始後、約半年を経過し、再度集まって交流や研修の振り返りを行う「セカンドミーティング」に29名の研修医が集合。

関東の民医連で初期研修をスタートした研修医が交流。チーム医療について考えました

 医学生の時代の学習やフィールドワークで出会った知り合いも多く、4月のオリエンテーション以来の再会に「元気でやってる?」「がんばっているみたいだね」など、旧交を深める一面も

今回の講義の内容は、初期研修の獲得目標の一つでもある「人格の涵養」について考えました。またプレゼンテーションのレクチャーも行われました。

各グループには「助言者」として、経験5年目以上の医師も参加。自分たちの研修や出会った患者さん、学んだ事などを共有しました。

グループ毎に、様々な経験が語られましたが、共通して「医師(研修医)として必要な物は、診療スキルや技術だけではなく、コミュニケーション、患者の生活背景まで考慮すること、チーム医療、SDHの視点」など、重要なキーワードが普通に話されていて、病院は違えど、充実した研修が行われていることが実感出来ました。

 

民医連では、関東地方だけに留まらず、全国の初期研修医が集まる企画も多く、同期と学んだり、交流したりする機会が多くあります。

ブログ一覧へ戻る