後期研修についてLater Stage Training

豊富な症例を経験し、あなたの目指す医師像へ

後期研修は2年間の初期研修を経て、一人前の医師・地域医療の担い手としてステップアップするための研修期間です。患者さまの社会的状況をしっかりと見つめ、治療につなげる視点が求められます。

専門的な分野で豊富な症例を経験し、技術・知識の向上を図りながらも、一見両極端にあると考えられるプライマリ・ヘルスケアにも日頃から取り組み、あなたの思い描く医師へと着実に近づいていきます。

また、この期間に各学会の認定医や専門医資格の習得も併せて行います。

千葉民医連後期研修委員長 白井精一郎

後期研修の目標

目標

プライマリ・ヘルスケアの実践

専門性への基礎作り

民主的集団医療の実践

指導的力量の発揮

民医連運動への関与

自己管理(体調・健康・労働)の開始

外部で初期研修を修了されてから後期研修を当院で行う場合

当院の救急や夜間外来・当直では、全科対応(産婦人科以外)が基本となります。
基本的には後期研修医もこれらの業務に関わるため、研修開始の数ヶ月から半年を導入期として位置づけ、主要な科を経験したり講義を受けたりしていただきます。

専門が決められず迷っている方へ

当院では初期研修終了時点で専門の科を絞れないでいる医師の後期研修も募集しています。
内科系、外科系としてスタートするもよし、産婦人科と内科で迷っているというようなケースでも研修内容を事前に相談し、スケジュールを組んでいきます。

内科系コースの場合

主治医として患者さまの全身管理を担っていくため、初期研修で経験が少ない内科疾患があれば、その科をまずは経験していただきます。

例)初期研修の総合内科研修で循環器・内分泌代謝・消化器の病棟やチームを経験
  →リハビリと腎について導入期に2~3ヶ月ずつローテートします

取得可能な資格について

各専門コース別資格

コース取得できる資格
総合内科(二和)コース 日本内科学会総合内科専門医 認定内科医
循環器コース 日本循環器学会 専門医
日本内科学会総合内科専門医 認定内科医
腎・透析コース 日本腎臓学会 専門医
日本透析医学会 専門医
日本内科学会総合内科専門医 認定内科医
消化器内科コース 日本内科学会総合内科専門医 認定内科医(外部研修にて専門医資格取得)
リハビリテーション科コース 日本リハビリテーション医学会 認定臨床医・専門医
日本内科学会総合内科専門医 認定内科医
一般外科コース 日本外科学会 専門医
麻酔科コース 麻酔科 専門医
小児科コース 日本小児科学会 専門医
産婦人科コース 日本産婦人科学会 専門医
家庭医・診療所コース 日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医・認定医
日本内科学会総合内科専門医 認定内科医

連携する他施設で部分的に研修することができる資格です。
・各コース若干名を募集しています。 ・各資格は、学会ごとの規定を満たし、認定試験に合格した後に付与されます。
・総合内科医専門医は、認定内科医取得後、更に3年経験が必要です。

他施設で部分的に研修することによって得られる資格

・日本産科婦人科学会 専門医 ・日本消化器内視鏡学会 専門医

専門研修

・船橋二和病院の後期研修中であっても、専門医取得や専門家として1人立ちするために必要な力量を身につけるために、コースによっては外部に研修に出ます。

・3ヶ月から半年など一定の期間まるごと外部に行く場合と、毎週1日定期的に行く場合があります。
例)小児科:新生児研修としてNICUのある病院で一定の経験を積む
  消化器内科:認定施設で内視鏡などの経験を積む

・また、千葉民医連には後期研修後も、医療活動の発展のために外部へ研修に出る専門研修規定があります。時期や行き先、研修内容については、まず所属の科で話し合います。

後期研修募集要項

目的 初期臨床研修修了者に対して、さらに専門的な分野での臨床的力量の研鑽、知識・技術習得の条件を提供する
応募人数 若干数
応募資格 初期臨床研修を終了した医師、または修了見込みの医師。
期間 3~4年 コースにより異なる
募集科目 一般内科(船橋二和病院、千葉健生病院)、家庭医、診療所、循環器内科、消化器内科、腎・透析、リハビリ、一般外科、麻酔科、小児科、産婦人科
選抜方法 面接、小論文
応募方式 下記、後期研修委員会事務局宛に書類郵送
(1) 医師免許証写し、履歴書、研修履歴書又は研修終了見込み書、保険医登録票
(2) 応募目的を800字程度で志望科目と志望目的を記述
締め切り 第1次は10月31日 その後、定員に達するまで随時
試験日 追って連絡します
処遇

身分:常勤職員、社会保険、年金加入

給与:基本給
・卒後3年目 367,100/月
・卒後4年目 384,200/月
・卒後5年目 406,300/月

医師研修や当直などの手当と賞与は別にあり

その他:学会加入→2学会まで病院負担

学会参加→年2学会まで病院負担

但し、発表する場合はこれを限度としない
医賠責保険は病院として加入(個人負担なし、個人の加入を制限するものではありません)

お問い合わせ先 〒274-8506
千葉県船橋市二和東5-1-1 船橋二和病院後期研修委員会事務局 船井