医学生の方へMedical Student

「誰もが安心してかかれるように」

千葉民医連とは

千葉民医連は、全国組織である「全日本民主医療機関連合会(略称・民医連)」に加盟する、医療・福祉事業所を中心に構成されています。全国すべての都道府県にある民医連事業所は、「民医連綱領」にもとづき、地域住民のみなさんの切実な要求に応え、いのちや健康にかかわる社会問題に積極的に取り組んできました。

千葉民医連も創立以来、公害問題(川鉄公害訴訟・あおぞら裁判)や被爆者医療に積極的に取り組み、市川市では全国初の訪問看護への公的助成を実現しました。また、人権を尊重する医療・福祉従事者の育成に努め、地域医療に関心のある医系学生さんや、介護職をめざす学生さんに、さまざまな体験や学習の機会を提供しています。

現在50余の事業所が、37000人の共同組織(友の会)のみなさんにささえていただき、安心して住み続けられるまちづくりをともにすすめています。

千葉民医連の医療の特色

船橋二和病院の特色

船橋二和病院は、船橋市北部地域の拠点病院として、予防からリハビリテーションまで一貫した総合的な医療を追求し、入院・外来・救急、在宅医療等の診療にあたる中で、第一線医療に力をそそいでいます。

また、患者、地域住民の生命と健康をまもる、24時間安心してかかれる病院として二次医療機関、救急医療も担っており、少子化がすすむなか、産婦人科や小児科が充実しているのも特徴です。これらの医療活動を、バックアップしてくれている友の会の存在も貴重です。健康増進活動・高齢者や子育て世代を支援するネットワーク作り・暮らしや医療、福祉など国や自治体へ改善を求める取り組み等、ぜひ知っていただきたいと思います。

船橋二和病院は、医師研修を積極的に行う施設として歴史を持ち、2002年より厚生労働省認定臨床研修指定を受けています。

船橋二和病院の特色
千葉健生病院の特色

私たちは、地域の信頼を大事に、プライマリ・ケアにこだわり、医療への自負と自信を持っています。千葉健生病院は千葉市幕張地域の人々の「命と健康を守ること」をかかげて医療活動を行ってきました。ベッド数90床はプライマリ・ケアの実践に適しています。

実際、専門分化した医療でなく、一人の医師が風邪などの急性疾患から糖尿病や高血圧などの慢性疾患、また小児科の診察までおこなっています。私たちは病気だけを診るのではなく、患者さんの生活背景から家族歴まで診ています。そして治療も医師とともに看護師や薬剤師、栄養士、検査技師、放射線技師、事務も含めてチームで取り組みます。

病棟医療では全体の約1/3を占めるガン患者への手術・治療・緩和ケアに力を入れていますが、糖尿病患者の教育入院、肝臓・呼吸器疾患などの管理入院、急性疾患の治療まで地域の基幹病院としての役割を果たしています。

外来医療では千葉県下でも最大数の糖尿病患者を管理しており、気管支喘息・高血圧・肝炎などの慢性疾患管理にも定評があります。
在宅医療では千葉市内の拠点病院として、患者の我が家への想いにこだわった在宅医療を推進しています。

船橋二和病院の特色
診療所の特色

私たちの診療所は、地域の多くの人たちや労働者の「いつでも診てくれる診療所が欲しい」という願いから生まれてきました。

地域の中にしっかりと根をおろし、
その信頼と期待に応えながら患者の立場に立って医療活動を展開してきています。
地域の人たちの健康を守る砦として、
地域の人たちのより所として日々の診療を行なってきています。
ぜひ地域に密着した医療を見学しに来て下さい。

診療所の特色